【インフルエンザ】緑茶がインフルエンザ対策に!?豊富なカテキンは食中毒にも効果的

green tea-taitle image季節の特集

 

緑茶に『カテキンが豊富!』と書かれたシールが貼られているのを頻繁に目にします。
しかし、カテキンってどのような成分なのかをご存知ですか?

はてなちゃん
はてなちゃん

カテキンの働き、、?聞いたことないです。。

きつね
きつね

たしかに耳にする機会は少ないですよね。笑

カテキンは緑茶に含まれる成分の一つで、抗菌作用がとても強いことから食中毒・風邪・インフルエンザ対策などに効果が期待されています。

 

そんな抗菌作用が強く、インフルエンザ対策にも抜群な『カテキン』について紹介します。

カテキンってなに?
緑茶に含まれるカテキンとは
殺菌・抗菌作用があるってホント?

この記事では、そんなお悩みを解決します!



カテキンとは

お茶にはビタミン・たんぱく質・カフェイン・カテキンなどの成分が含まれています。
カテキンはポリフェノールの一種で、昔からタンニンと呼ばれています。

 

カテキンは緑茶の『渋みや苦味』の主成分でもあります。

しかし、一口に『カテキン』と言っても数種類に分かれます。

 

 

緑茶に含まれるカテキンの種類

green-tea

緑茶には4種類のカテキンが含まれています。

 

  • エピカテキン⇨カテキン
  • エピガロカテキン⇨ガロカテキン
  • エピカテキンガレート⇨カテキンガレート
  • エピガロカテキンガレート⇨ガロカテキンガレート

 

4種類のカテキンは、茶葉の製造過程(加熱処理)で左から右のように形が変化します。
中でも抗酸化力が1番強いと言われているのがエピガロカテキンです。

 

 

注目したい!エピガロカテキンの特徴

抗酸化力がとても強いエピガロカテキン。

その効果はビタミンCの90倍、ビタミンEの23倍とも言われています。
近年は、抗酸化力を生かしてさまざまな疾患に対する治療薬の開発が行われています。

 

また、緑茶以外からはエピガロカテキンが発見されていないそうです。

 

 

カテキンの効果とは!?

4種類のカテキンがどのような活躍をするのかまとめました。

はてなちゃん
はてなちゃん

どのような効果があるのでしょうか?

 

殺菌・抗菌作用

カテキンの代表的な効果と言えば抗菌作用

食中毒菌に対して抗菌作用を持ち、ピロリ菌・赤痢菌・コレラ菌・大腸菌O-157(腸管出血性大腸菌)に対して効果を持っている万能成分です。

 

また、食中毒菌は主に『感染型』と『毒素型』の二つのタイプに分かれます。
感染型に対して細胞の細胞膜を破壊する殺菌作用。毒素型に対しては解毒作用を持っています。

 

 

対ウイルス作用

virus

乾燥した冬の時期に猛威を振るうインフルエンザ菌風邪菌
しかし、カテキンはウイルスに対しても効果を発揮します。

なぜなら、感染性ウイルスは体内の細胞内で増殖をすることで発症します。

しかし、カテキンを摂取することでウイルスが細胞に付着しにくくなります。
付着しにくくなることで細胞内での増殖を阻止することができます。

 

結果的に風邪やインフルエンザ予防につながります。

はてなちゃん
はてなちゃん

風邪菌も対策できるなんて嬉しいですね!

 

 

抗がん作用

日本人の死亡原因の第一位である『がん』。

エピガロカテキンガレートはがんの増殖・転送を抑制する作用が認められています。
また、活性化酸素除去やがん細胞の抗突然変異抑制作用があるため、がん予防に役立ちます。

 

しかし、カテキンがなぜ『がん予防』に役立つのかは科学的に解明されていないため、今後の研究が注目されます。

 

 

コレステロールの低下作用

コレステロールは主にLDL(悪玉)HDL(善玉)の2種類に分かれます。

この2種類のうち、私たちの体に悪影響を与えるのは悪玉コレステロールです。
体内に溜まることで動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こす原因となります。

 

しかし、カテキンは食事中のコレステロールの吸収を抑えて体外へ排出を促す効果があります。
その効果は認められており、カテキン緑茶(伊藤園)などの商品も販売されています。

 

Catechin green tea
引用:https://www.itoen.co.jp/catechin/

 

 

アレルギーの抑制作用

カテキンにはアレルギー反応の抑制効果があります。

アレルギー反応の仕組みは、アレルギー発生物質(アレルゲン)が体内で過剰に反応してしまうことから鼻炎や痒みとして症状がでます。

 

しかし、カテキンはアレルギー反応の途中で発生する伝達物質(ヒスタミン)を抑制します。
このことから、アレルギーの抑制に効果があると言われています。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

殺菌効果・抗菌効果の強い、緑茶の『カテキン』をご紹介しました。
今回のポイントはこちらです!

カテキンはポリフェノールの一種で渋みや苦味の主成分
緑茶には4種類のカテキンが含まれている
インフルエンザや食中毒菌に対して効果がある

 

インフルエンザのみならず、食中毒菌に対しても絶大な効果を発揮します。
もしかしたら、私たちが日常的に飲んでいる緑茶が体を守ってくれているのかもしれませんね!



タイトルとURLをコピーしました