【インフルエンザ】食生活から対策しよう!インフルエンザを予防できる食事選びの4ポイント

influenza-title image季節の特集

 

インフルエンザの予防接種は打ちましたか?
乾燥する時期には風邪・インフルエンザなどの感染症が流行します。

はてなちゃん
はてなちゃん

マスクをしている人も多いですよね!

 

インフルエンザには予防接種・手洗いなどの様々な対策方法がありますが、食事方法からも対策できると知っていましたか?
実は、免疫力を高める食生活を心がけることで日常的に予防をすることができます。

 

そんな、食生活から免疫力を高めることができる『インフルエンザ対策』について紹介します。

食事からインフルエンザを対策をするには
気を付けたい食事選びの4ポイントとは

この記事では、そんなお悩みを解決します!



食事でインフルエンザ対策の工夫

man-mask
はてなちゃん
はてなちゃん

そのような食事ポイントに気をつければ良いのか。。。

インフルエンザの菌から守れる(免疫力の高い)体を目指しましょう!

 

免疫力を高める食事方法はたくさんあります。
その中でも注目をしたいのは下の4点です。

  • 体の免疫を作る食事
  • 体を温める食事
  • 腸内環境を整える食事
  • 粘膜の働きを高める食事

 

 

気を付けたい食事選びの4ポイント

vegetables-detox

インフルエンザ対策に有効な食事方法のポイントを詳しく紹介します。

 

ポイント1 体の免疫を作る食事

免疫細胞』は体内に侵入したウイルスを阻止する働きをします。

はてなちゃん
はてなちゃん

私たちの体を病原体から守って健康を維持しています。

主に免疫細胞はタンパク質を材料に細胞を生成しています。
しかし、食事から摂取するタンパク質の量が減少すると、、。

ウイルス・細菌に弱い体になってしまいます

 

そのため、タンパク質を豊富に含む食事が非常に大切です。

 

タンパク質が豊富な食材はです。
卵にはタンパク質の他に、鉄・亜鉛などのミネラルが含まれています。
ミネラルにも免疫細胞の働きを強める作用があるため注目です!

 

 

ポイント2 体を温める食事

体調が悪い時には『体を暖かくしろ』と言われています。
なぜなら、体温が上がると病原菌と戦う免疫物質(白血球のマクロファージ)が活性化するからです。

マクロファージが活性化するとウイルス・細菌を退治する力が強くなります。

  1. 通常のウイルスは35℃〜36℃の体温を好む。
  2. 体温が36℃を超えるとウイルスの増殖が止まる。
  3. 38.5℃以上になると体内のウイルス・細菌は死滅する。

 

このように、体温を高く保つことは病原体を倒すために重要です。

きつね
きつね

体温は1℃下がると免疫力が30%も下がると言われています。

 

 

ポイント3 腸内環境を整える食事

私たちは呼吸や食事からさまざまな菌を一緒に取り込んでいます。
そのため、腸内には外敵から守るために免疫機能が備わっています。

その数はなんと、体内の免疫に関わる細胞の約6割以上!!

 

この6割以上の免疫細胞が集まる腸内環境を正常に保つことが、ウイルス・細菌などの病原体から体を守る(免疫力を上げる)鍵になります。

 

腸内細菌は『善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割』で構成されています。

はてなちゃん
はてなちゃん

バランスが整った状態の腸内細菌が大切です!

 

 

ポイント4 粘膜の働きを高める食事

man-influenza

インフルエンザの感染経路として飛沫感染があります。
飛沫感染はウイルスが『』や『』の粘膜から侵入することで発症します。

そのため、ストレスや食生活の乱れで粘膜の働きが弱まると、インフルエンザに感染する可能性も高くなります。

はてなちゃん
はてなちゃん

予防するには粘膜機能を高めましょう!

 

逆に、粘膜の機能を高めることでインフルエンザや風邪などの対策に繋がります。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

食事から出来る『インフルエンザ対策』について、4点のポイントをご紹介しました。
今回のポイントはこちら!

免疫力を高める食事を気をつけよう
免疫を作る、体を温める、腸内環境を整える、粘膜の働きを高める食事の4ポイント

 

インフルエンザは完治するまでに時間のかかる感染症です。
そのため、日々の食事から積極的に予防できると嬉しいですよね!



タイトルとURLをコピーしました