【インフルエンザ】免疫力の向上は食生活から!体に優しいココナッツバターを使った健康法

coconut-title image季節の特集

 

ココナッツバターは2019年の初頭に注目を集めました。

はてなちゃん
はてなちゃん

ココナッツバターってなにが凄いのですか?

きつね
きつね

ココナッツオイルよりも栄養素が豊富だと言われています。

ココナッツバターはインフルエンザ対策・風邪予防に有効な免疫効果を持っています。
また、ダイエット効果や美肌効果など、女性に嬉しい効果がたくさんあります。

 

人気があり、栄養たっぷりな『ココナッツバター』について紹介します。

ココナッツバターとは
ココナッツオイルとの違いは?
ココナッツバターの効果とは

この記事では、そんなお悩みを解決します!



ココナッツバターとは?

coconut

ココナッツバターとは、ココナッツ内部の白い果肉(固形胚乳)をすりつぶして、ペースト状にした食べ物です。『果実を丸ごと』使っているため低カロリーで、栄養価がとても高いのが特徴です。

 

ココナッツの味は砂糖を使っていなくても甘く、香りはミルキーで濃厚です。

そのため、ココナッツオイルと比べて用途が限られてしまいますが、ミルキーな味わいと高い栄養価が注目を集めている植物性食材です。

 

 

ココナッツオイルとの違い

coconut&oil

ココナッツバターココナッツオイルの大きな違いは加工の流れです。

 

ココナッツバター:固形胚乳をすりつぶしてペースト状
ココナッツオイル:乾燥させた固形胚乳を圧搾、加熱する

 

果実を丸ごと使っているココナッツバターの方が栄養価が高いと言われています。

 

 

ココナッツバターの栄養素一覧

ココナッツバターは約65%がバージンオイル、残りの30%食物繊維やタンパク質・酵素・ビタミン・ミネラル・鉄分などで構成されています。

 

  • 食物繊維
  • タンパク質
  • 酵素
  • ビタミン
  • ミネラル
  • 鉄分
  • 中鎖脂肪酸

 

 

ココナッツの油はここがすごい!

oil

ココナッツの脂肪成分にはトランス脂肪酸が含まれず、脂肪が体内に蓄積しません

 

身近な食品でトランス脂肪酸が含まれているのがマーガリンです。
トランス脂肪酸は善玉コレステロールを減らして悪玉コレステロールを増やします。

また、他の脂肪成分とバランスを悪く摂取すると心臓疾患のリスクを高めるとも言われています。

 

しかし、ココナッツの中鎖脂肪酸は脂肪として溜まりにくく、脂肪分からエネルギーへの変換が早くて太りにくいメリットがあります。

 

 

ココナッツバターの栄養素と効果

ココナッツバターの成分で特に注目をしたいのが中鎖脂肪酸のラウリン酸
ダイエット効果から免疫効果まで幅広い健康効果が認められています。

 

ダイエット効果

ココナッツの70%以上を占めている中鎖脂肪酸。

 

中鎖脂肪酸は、バターやラードに含まれる長鎖脂肪酸と比べてエネルギー効率が良い。
その違いはなんと、吸収にかかる時間は4倍。代謝スピードは10倍も早いと言われています。

 

また、無駄な脂肪として体内に溜まりにくく、すでに体内で蓄積している脂肪も一緒に燃焼を促進してくれるメリットがあります。

はてなちゃん
はてなちゃん

蓄積した脂肪にもダイエット効果があるのですね!

 

 

免疫力のアップ

ラウリン酸は母乳にも含まれおり、赤ちゃんの成長を助けています。

 

ラウリン酸は免疫力を高める働き&抗菌作用がとても強く、細菌・ウイルス・真菌に対する抗菌効果が認められています。
そのため、風邪予防やインフルエンザ対策などに効果的です。

きつね
きつね

冬の時期にはぴったりな効果です。

 

また、マウスを使った研究結果ではカンジダ菌の増殖抑制効果も期待されています。

 

 

便秘改善

ココナッツバターにはココナッツの食物繊維がとても豊富!
腸内環境を改善してくれるので食物繊維は便秘改善に役立ちます。

 

また、ラウリン酸はモノウラリン酸と呼ばれる成分に変化します。
その結果、善玉菌の数を増やして腸内環境を安定させてくれます。

 

 

アンチエイジング効果

ココナッツにはアンチエイジング効果のあるビタミンEが含まれています。

 

ビタミンEは、ビタミンC・ビタミンAと一緒に『ビタミンACE』とも呼ばれ、抗酸化作用を持つ代表的な栄養素です。

抗酸化作用は肌の老化を促進する活性酸素の除去し、老化を防止します。

はてなちゃん
はてなちゃん

シミ予防などにつながります!

 

 

生活習慣病予防

ダイエット効果にも同じことを書きましたが、中鎖脂肪酸(ラウリン酸)は体脂肪として溜まりにくく、善玉コレステロールを増やす効果があります。

そのため、メタボ対策・コレステロール値の安定化・血液をさらさらにするなど生活習慣病につながる危険要素を予防します。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

カロリーが低く、栄養価が高い『ココナッツバター』について紹介しました。
今回のポイントはこちらです!

ココナッツバターは低カロリーで栄養価の高い植物性食材
ココナッツオイルとは加工の過程が違う
ココナッツバターにはダイエット効果・アンチエイジング・免疫効果がある

 

栄養成分の中では中鎖脂肪酸のラウリン酸が大活躍です。
ダイエット効果から免疫効果まぜ幅広い健康効果が認められています。



タイトルとURLをコピーしました