【冷え性】耐えがたい寒さを食事で対策。食材選びで気をつけたい5つのポイント

white skin-title image食べ物

 

気温が下がると、足先・手足が冷たくなる『冷え性』に悩んでいる人はいませんか?

きつね
きつね

僕も冷え性に悩まされている一人です。

冬場になると症状が辛い冷え性。

治療方法に『体を温める食べ物を摂取する』という方法があるそうです。
しかし、『体を内部から温める食べ物』の定義ってあいまいで分かりにくいですよね。

 

そんな『冷え性』を食生活から改善することのできる食べ物について紹介します。

『冷え性』と『冷え症』の違いとは?
薬膳の考え方を取り入れるには
体を温める食材の見分け方

この記事では、そんなお悩みを解決します!



勘違いされやすい『冷え性』と『冷え症』

man-cold

漢字の『性』と『症』の一文字違い。

きつね
きつね

混濁されがちですが、この二つには明確な違いがあります。

 

『冷え性』とは。
生まれつき身体が冷えやすい体質で、気温の変化によって冷たくなるのが冷え性。
この記事で紹介する対策は『冷え性』に有効なものです。

 

『冷え症』とは。
医学的に病気と診断され、体の冷えやすい体質を冷え症と呼びます。
血行運動障害・自立神経失調症などが該当します。

 

 

薬膳の考え方を取り入れよう!

』から冷え性を対策するには薬膳の考え方を参考にしましょう。

薬膳では食材の特徴によって『体を冷やす食材』を隠・『体を温める食材』を陽。
『どちらにも当てはまらない食材』を間性に分類をしています。

 

陽の食材を見分けるには5つのポイントを大切にしましょう。

 

  • 産地・旬
  • 食材の色
  • 土の中・外のどちらで成長するか
  • 発酵の有無
  • 水分を含んでいるか

 

はてなちゃん
はてなちゃん

この5点はしっかり抑えたいですね!

 

 

冷え性に効果的な食べ物の見分け方

woman-doubt

ポイント1 産地・旬 

早速ですが、5つのポイントで最も大切なのが『産地』です。

 

特に、寒い地域(東北・北海道地域など)で採れる食材は体を温める働きがあるそうです。
この効果は野菜のみならず魚も同様で、冷たい海で獲れる魚類にも期待ができます。

 

野菜:かぼちゃ・ねぎ・ごぼう・ニンジン・レンコン
果物:りんご・さくらんぼ
魚類:鮭・まぐろ・かつお・サバ
はてなちゃん
はてなちゃん

なぜ、産地や旬を重視するのでしょうか?

諸説がありますが、一説によると寒い北国で育つ食べ物は『体内に熱を吸収して蓄える必要がある
しかし、暑い南国では『体内の熱を下げる必要がある
そのため、環境に順応するための作物が育つと言われています。

 

 

ポイント2 食材の色

食材選びで見分けやすいのは『』です。

きつね
きつね

見た目で簡単に判断できます。

 

赤・オレンジ・黄色・黒などの暖色をした作物は体を温めると言われています。
反対に、白・緑・紫などの寒色の食材は体を冷やすそうです。

 

野菜:ニンジン・かぼちゃ・ごぼう・唐辛子
魚類:鮭・まぐろ
肉類:牛肉・ラム肉・鹿肉

また、魚や肉も濃い色をした赤身の方が効果的です。

 

しかし、色に関係して注意するべき野菜もあります。

暖色の赤色をしている『トマト』です。
詳しくは下記のポイントにも取り上げていますが、水分が多くて体を冷やす効果を持っています。

 

 

ポイント3 土の中・外のどちらで成長するか 

野菜が『根菜類・イモ類』かどうかを考える必要があります。

 

なぜなら、根菜・イモ類は果実自体に熱を持っているからです。
例えば、じゃがいもに含まれる糖分は人間の体内でエネルギー(熱)として変換されます。

きつね
きつね

デンプンなどがエネルギーとして変換されます。

 

野菜:ごぼう・山芋・レンコン・ニンジン・生姜・じゃがいも・玉ねぎ・大根

ここで注意をするべき野菜は『大根』です。

大根は白色(寒色)をしている根菜類ですが、生で食すと体を冷やします。
しかし、加熱調理で暖かい料理として食べれば問題はありません!

 

 

ポイント4 発酵の有無

また、加工食品として気にしたいポイントは『発酵』です。

 

なぜなら、食品が発酵することで成分が酸化して『酵素』を生み出すからです。
酵素は体内で消化を助ける作用を持っています。

食べ物を消化する際にが発生するので体温を上げることができます。

はてなちゃん
はてなちゃん

発酵食品はインフルエンザ対策などにも効果テキメンです!

 

↓こちらの記事では詳しくヨーグルトを使った『インフルエンザ対策』について書いています。
■ヨーグルトを使った菌活。乳酸菌を取り入れるメリットとは?

 

食品:キムチ・チーズ・納豆・漬物
飲み物:紅茶・プーアール茶・ほうじ茶

コーヒーはどうなのでしょうか?

コーヒーは体温を下げる効果があるので注意が必要です。
なぜなら、原料であるコーヒー豆はブラジルなどの熱い地域で収穫されるからです。

 

 

ポイント5 水分が含まれているか

スーパーに並ぶさまざまな野菜たち。
特に、夏場に旬を迎える夏野菜トマト・ナス・きゅうり)は果実に水分を豊富に含んでいます。

そのため、冷水を飲むのと同じように、水分を摂取することで体を冷やしてしまいます。

 

きつね
きつね

『冷え性』に悩む人は水分の多い野菜の摂取をさけるのが無難です。

 

また、トマトは暖色をしている野菜の中でも水分量が多い野菜です。
夏野菜は水分が豊富で、生食で食べることが多いので気をつけましょう。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

寒い時期に辛い『冷え性』についてご紹介しました。
今回のポイントはこちら!

『冷え性』と『冷え症』は生まれつきか、病気に依るものかで区別される
体を温める食材(陽の食材)を見分ける必要がある
陽の食材を見分けるには5つのポイントを抑える

 

冷え性の人におすすめしたいのが『食べ物を使った対策』です。
冬にぴったりな料理を食べて美味しく『冷え性』を乗り越えましょう!



タイトルとURLをコピーしました